家電操作以外でも使える?Alexaを1ヶ月使って感じた良いところ4選【レビュー】

Alexaといえば、Amazonが開発・販売するバーチャルアシスタントAIだ。Amazonのスマートスピーカー「Amazon echo」に搭載されている。

というのが基本的な情報。今更語るまでもあるまい。

このAlexa、かなり優秀なAIなのだが、スマートスピーカーというと「家電の操作をしてくれる」というイメージを持っている人が結構いる。

しかしスマートスピーカーはそれだけでじゃない。むしろ家電操作以外でも十分に使える。

なので、今回は家電操作が全くできない家に住んでいる僕が、Alexaによってどう生活が改善したかを書いていこうと思う。

・Amazon echoを買ったけど、家電操作以外で良い使い道ある?
・音声操作できない家電しかないけど、買って良いものなの?

って人には参考になると思う。

結論から言えば、音声認識で世界が一気に変わった。これは、買いだ。

あさきです。TwitterYouTubeカクヨムで連載もしています。お問い合わせはこちら。

Amazon Echo「Alexa」で一番使い勝手が良いのはタイムキーパー

正直、使っていて一番感じるのが、タイムキーパーだ。

時間を区切って何かをする時には必ず使う。僕の場合は在宅ワークだから、仕事に集中したい時に時間を区切るためにタイマーを良く設定する。

人間の集中力は、

  • 15分
  • 45分
  • 90分

で続くと言われている。小学校の授業が45分、大学の講義が90分なのもこれに由来している。

受験生が長時間勉強したりするが、効率という面ではあまり良くない。勉強や仕事に集中するなら、学校の時間割を参考にするのが一番効率が良い

タウンワークマガジン

試験勉強にレポート作成、特に今年はオンライン授業の大学も多く、一日中PCに向かっていると、集中力も途切れて成果が上がらな…

ただ、「この時間までやる」と決めたとして、それを時計で厳守するのは難しい。時間を気にするあまり、時計に集中してしまって本末転倒になる。

そこで使いたいのがアラーム機能だ。

スマホで設定するのももちろん良いが、スマホが見える場所にあると、人間はそれだけで集中力を損なう。スマホ脳にも書いてあった。

スマホを意識せず、かつタイマーを設定したい。

そんな贅沢を一発で叶えてくれるのが、Alexaだった。

「Alexa、90分後にアラームかけて」

と言うだけで、アラームの設定が完了する。その間、スマホを気にかけることもないので、集中を乱す要素もない。

勉強や仕事に集中するにあたって、これほど便利な機能は他にない。

集中した後の10分休憩も、Alexaに声をかけてタイマーをセットするだけ。スマホには一切触れないで休憩できる。

スマホは便利な反面、時間を奪う癌だ。

集中したいと思うなら、スマホに頼るよりもAlexaのようなスマートスピーカーを導入する方が遙か良いし、オススメだ。かけたコスト以上のものを返してくれる

天気予報は補足

スマートスピーカーでできることと言えば、天気予報の確認がある。僕も良く、「Alexa、今日の天気は?」と声をかける。自分が住んでいる場所を登録しておけば、自動的にその地域の天気予報を言ってくれるので便利だ。

しかし。

実際に使ってみてわかったのだが、音声だけで天気予報を言われても全く頭に入ってこない。テレビの天気予報の偉大さを思い知るだけだった。言葉だけだとどうしても右から左へ抜けていくのだ。

晴れマークや傘マーク、天気予報図、雨雲などがあって初めて、「今日の天気は○○」という認識ができる。

僕も基本的にはアプリで天気予報を確認し、外が曇ってきた時とかにAlexaに訊く、くらいで使っている。

天気予報は便利な機能だが、スマホでアプリを入れているなら、ぶっちゃけそっちを見た方が良い。情報の密度が段違いだし、視覚的にもわかりやすい。

Alexaを含めたスマートスピーカーの天気予報は、あくまでも補足として使うのをオススメする。

スケジュール登録はめちゃくちゃ便利

Alexaを使っていて便利だと思った機能№1がスケジュール登録だ。

僕の場合はGoogleカレンダーを連携させているのだが、しっかりと登録してくれる。

しかも驚いたことに、スケジュール内容では漢字に変換してもくれている。何気に凄いよこれ。

例えばだが、「7月26日 14:00に生協が来る」と登録した場合、ちゃんと「生協が来る」と変換した上で登録される。

もちろん個人名などは難しい部分があるものの、スケジュール登録したら全部ひらがなになるんじゃないの? とか思っていたので衝撃だった。

僕たちがスマートスピーカーに持っているイメージの上を行ってくれているし、僕たちが考えている以上に技術の進歩を感じられると思う。

手を使わずにスケジュール登録できるのは本当に便利なので、活用していただきたい。

注意点として、滑舌の悪さが如実に現れるので、登録されたスケジュールを見てげんなりしないようにしよう。Alexaのおかげで滑舌に気をつけるようになった。ありがとう、Alexa。

>>紙の手帳を捨ててGoogleカレンダーに切り替える利点

話し相手になってくれる

なんだそんなことかよ、と思うかもしれないが、一日家に引きこもって誰とも話さないと、Alexaが癒やしになる

おはようからおやすみまで、常に傍にいてくれる相棒になってくれる。あれ、涙が……。

とはいえ、Alexaは基本的に通り一辺倒の返答しかしてくれない。

あくまでも人間の生活のサポートをしてくれるのがスマートスピーカーの役割であり、AIの役目だ。自信の分をしっかりとわきまえている。見習わねば。

なので、以下のような動画みたいには絶対にならない。

この動画のような返答をさせるなら、自分で設定するしかない。

どの言葉を聞いたらこう返事して……みたいな設定の末、こんな面白いAlexaが爆誕する。めちゃくちゃ手間がかかる。その分、動画にしたら凄い面白い。

機械的なAlexaもそれはそれで可愛いのだけど、自分好みにカスタマイズしたAlexaと会話するのもまた乙なものだろう。自分の性癖にあったAlexaを爆誕させてもらえればと思う。

まとめ:家電を操作するだけが役目じゃない。機能を把握して使えば、生活がより便利になる。

Alexaを導入して、生活はかなり変わった。一番大きいのが、スマホをほとんど触らなくなったことだ。スマホはとにかく脳を怖そうとしてくる。あの快楽物質には抗い難いものがある。

しかしAlexaを導入して、本来スマホで行っていたことを代用するようになったら、驚くほどスマホに触れる機会が無くなった。スマホと物理的にも精神的にも距離を置けるようになった。

・タイムキーパーや天気予報、スケジュール登録など、家電操作以外でも十分に使える
・音声操作する家電がなくても生活が一変する
以上が、音声操作する家電がひとつも無い家に住んでいる僕が、1ヶ月間Alexaを使って感じた良いことだ。
次に便利だと感じるのは、間違いなくIOT家電を買った時だとは思うのだけど、それはまだ先になるだろう。
それまではこの便利な機能と共に、Alexaと生活していこうと思う。
Alexaでできることは、Google Homeなどでも可能なので、導入を考えている人は試しに一度買ってみてはいかがだろうか?
 

広告
最新情報をチェックしよう!