部屋や家を片付けられない人へ。これをやれば必ず片付く簡単な方法

部屋を片付けたいけど、どうやって片付けたらいいんだろう?

家にいらないものが多いけど、なかなか片付けられない。

片付け始めても気が散ってなかなか進まない。

そんな人、多いんじゃなかろうか。

僕もそうだった。部屋が小さい上にいろんなものに手を出すから、すぐに物がたまって押し入れに突っ込んでいた。

だが、ある方法で片付け始めたところ、全く苦にならずに続けられ、家の中を片付けられることができた。

今回は、そんな方法を解説できたらと思う。

・物がすぐたまって片付けられない
・片付けたいけど、まとまった時間を作れない
・片付け始めたら気が散っていまう(アルバムとか見ちゃう)

な人にはお勧めの方法だ。

あさきです。Twitter、YouTube、カクヨムで連載もしています。お問い合わせはこちら。

片付ける時間は短くていい

片付けるとなると、結構な人が気合いを入れてガッツリやったりするものだが、実際は途中で気が散って長く続かないものだ。

逆に考えれば、長く続かないなら、短い時間でやればいい。

一番大切なのは「片付ける」ことであって、時間をかけることじゃない。

片付けの時間は長くても15分

短い!

と思った人、いると思う。

しかし、この15分が僕がずっと片付けをしてきた上でベストと思える時間だ。これ以下だと片付け全体として見た時に時間がかかるし、これ以上だと気が散るからだ。

休憩や、余計な物に気を取られている時間が無くなる

15分という短い時間で休憩を挟むと、ほとんど何もできなくなる。5分休憩したり余計なことをすれば、後10分しかない。

自分が気を散らすことで、自分の首を絞めているのが実感できるのだ。

しかも時間が限られているから、取捨選択が早くなる。必要なものか不必要なものかを直感で選択できる。この辺りは「コンマリ風ときめき術」に似ているかもしれない。

一箇所に集中できる

片付けている時に最も邪魔なのは、視界に入ってくる「片付けたい物」だ。

15分だけ片付けをしていると、今自分が取りかかっている物しか視界に入らなくなる

つまり、自分がどれだけ片付けられたかが、目に見えてわかる。

仕事に置き換えてみればわかりやすいが、進捗状況が目に見えてわかると、やる気が出る。今日はここまでやれた! という達成感は、物事を続けるにあたってとても大事だ。

継続してやれる

毎日やっていると、片付けの進捗が少しずつ進んでいるのがわかってくる。そうすると、継続も苦でなくなる

そのためにはもちろん、少しの時間でもいいから片付けに当てなければいけないが、不思議なことに片付けによって綺麗な場所が増えてくると、「ちょっとだけでもやろう」という気になってくる。

難しい場合は、簡単な行動から

しかし、片付けるのが難しい。忙しくてそんな時間が無いという人も多いだろう。

そんな時は、簡単な行動から始めればいい。例えば、財布の中のレシートを捨てるとか、冷蔵庫の中の賞味期限切れを捨てるとか、そんなのでいい。

大事なのは、やることだ。

やれば、必ず前に進む。やらなければ前には進まない。一生片付けられず、ゴミで溢れた部屋(家)になる。

僕も今は、最小単位の片付けを実施している。

10年以上使っていないサイドボードの片付けをしているが、正直めちゃくちゃ面倒くさい。
だから、中に入っている書類を一日に3枚くらい見て、いらなかったらシュレッダーを続けている。

これだけでも、一週間もやれば結構な量が減る。

騙されたと思って試しにやってみて欲しい。マジで変わるから。

まとめ:片付けに時間をかけちゃいけない

物で溢れた今の時代、部屋や家に物がたまっていくのは当たり前だ。ミニマリストでも無い限り、物はたまる。

問題は、どう片付けるか。たまったものをどう整理するかだ。

忙しい時間の合間にやるなら、時間をかけずに小さな片付けからコツコツやるしかない。

この記事を最後まで読んでくれた貴方、もし財布にレシートがたまっているなら、今捨ててみてはどうだろうか?

今日する片付けはそれだけ。

たったそれだけで、レシートでパンパンになっていた財布がスリムになる。

その気持ちよさを是非味わっていただきたい。

 

 

 

 

 

 

広告
最新情報をチェックしよう!