【雑記】田舎暮らしだから生じた面倒くささ。一番の時間泥棒は雑草である。

田舎に住んでいると、都会に住んでいた時と比べて面倒くさいと感じる部分が見えてくる。都会に嫌気がさして田舎に住んだというのに、不思議なものだ。

一度生活水準を上げると下げるのは難しいと言われているが、まさしくその通りである。

しかし、田舎に長く住んでいても、ぶっちゃけ面倒くさいものが面倒くさくなくなるかと言われたら、全くない。誰だって面倒くさいと感じるものは面倒くさいし、後回ししたい。

そんな感じで、つい後回しにしてしまっていたのだが、正直やらんとなぁ……と思って1年が経った。お前いい加減にせぇよと内なる声がせっついてくるので、今回はブログのネタにしながら自分を追い込もうと思う。

断言するが、今回は何か参考になるような内容は一切無い。

あさきです。TwitterYouTubeカクヨムで連載もしています。お問い合わせはこちら。

広い庭は無い方が良い

全国に住む「広い庭に憧れている人」には大変申し訳ないが、広い庭はマジで時間と金を奪われる。管理が大変だし、自分で管理できないなら人に頼むしかなくなってくる。

我が家も田舎なため庭が広すぎるので、知り合いに頼んで年に何度か整備してもらっている。諭吉さんさようなら。

しかし、だ。

自分で手を加えれば、好きにできるのも庭の楽しみでもある。家に居場所がない男が、最後に行き着く先は庭。庭にいたら誰にも邪魔されない。自分の好きなことができる。ビバ、広い庭。

我が家の祖父もそうだった。家の中にはほとんどいなくて、ずっと外で庭仕事をしていた。元から好きだったみたいで、楽しそうにしていたのを今でも覚えている。

だが、そんな管理者がいなくなって10年ほど。もはや荒れ果てるままになり、綺麗にしたと思ったらすぐに草が生える地獄絵図となった。

この草を何とかしたいのだけど、なかなか難しい。なんせ、切ったそばから生えてくる。

アイコンにしている愛犬も草を食べてくれるが、犬が食べる草の量は微々たるもの。機械の力を借りるか、草が主食の動物を飼うしかないと考え始めた。

動物の候補としては、

  • ヤギ
  • にわとり

のふたつがある。どちらも除草に特化している。

ヤギ

温厚な動物で、社会性があんまり無いうちのわんことどれだけ仲良くなれるかが一番難しいポイント。実は18年くらい生きるらしい。

草食動物だから草を食べてくれるし、もう使っていない田畑の除草も担ってくれるので、地域的にも嬉しい存在になってくれそう。

反面、ツツジなどの食べてはいけない植物には気をつけないといけないので、少し気を遣うかな?

また、ヤギは家畜なので、ペットで飼う場合でも年に一度「家畜保健衛生所」に届けないといけないらしい。家畜に疫病を蔓延させないための仕組みらしいから、仕方ないね。

にわとり

小学校でお世話した記憶が強烈に残っている。

チキントラクターという言葉があるように、にわとりの除草効果は凄まじい。しかも、除草して地面を掘り返してくれる上に、ムカデなどの有害な虫まで食べてくれる。うんこは肥料として使える。雌なら卵のおまけ付き。神かよ。

寿命も結構長くて、10年くらいは生きるらしい。ただ、卵を産む期間はその中でも1~2年くらいらしい。

臆病な性格で庭からも出ないらしい(だからニワトリという名前なんだとか)ので、結構良いんじゃないかと思ったんだが、ヤギと同じように問題が出てきた。

  • トンビや猫に襲われる
  • 移動式の鶏舎を作らないといけない

この2つがネックだ。

特に野生動物に襲われるのはかなり危険。平然と空を滑空しているトンビはめちゃくちゃカッコいいが、にわとりにとっては天敵だ。かといって、家で飼うのは論外。こいつら鳥類だから、歩きながらうんこをまき散らす。

生き物に頼るのは難しい?

ヤギもにわとりも生き物である以上、飼うには責任が伴う。

責任が嫌なわけではないが、やはり彼らにとってベストな環境を構築する必要が出てくる。

庭の除草については、もう少し考えていった方が良さそうだ。

新しい家族を出迎えることになったら、またここでも紹介する。

かつての畑を取り戻す

畑といっても、家庭菜園だ。うちにはいくつか家庭菜園をしていた場所があって、そのうちのひとつが、ここ。

一般的な家庭のお風呂場くらいの広さがある。

かつてはここで祖父がトマトやカボチャを育てていたが、今は見るも無惨な姿になっている。

これ、刈ったの5月中旬頃なのよ?

左側に見えるのが防草シート

しかも見て欲しいのだが、これ、防草シートを突き破って生えてきている。さすが雑草。生き様が違う。

この場所は祖父の意志を継いで、家庭菜園にしようと思っている。

ただ、雑草ばかり生えているので土壌の状態は良くないだろうから、土を掘り返して肥料を混ぜて――となるだろう。

梅雨が明けてからにしたいので、8月くらいには畑として再興させるつもり。これもまたブログで書いていこうと思う。簡単な野菜を探しておかねば……。

ツツジが病気?

まずはこれを見てくれ。

枝が凄いことになっているだろう?

少し調べてみたが、ツツジの病気かカビっぽい。病気なら薬、カビなら根元から枝を切るか全部落とすしかないらしい。

ツツジは綺麗な花を咲かせてくれるので個人的に大好きなのだけど、こんな姿になってしまうとは思ってもみなかった。やはりメンテナンスを怠るのは良くない。

ツツジの問題も今年中には解決したいと思っている。ツツジ自体に元気にもなって欲しいので、油粕などの肥料も少しあげてみようかなと考えている次第だ。これも梅雨明けを目処。

庭は手入れが大変。だが頑張るしかない。

庭に憧れる人は多いけど、実際嬉しいのは最初だけで、後は面倒くさいだけだ。雑草はどれだけ除草しても生えてくるし、虫も多い。手入れをサボればあっという間に追いつかなくなる。

先に挙げた動物の力を借りたりなど、自分にできる範囲で考えた方が良い。じゃないと、絶対に後悔する。

そんなこんなで、家で仕事をすることがほとんどになってきたので、家の方にも目を向けようと思う。

というか、いい加減しっかりしないとお盆に帰ってきた祖父に怒られそうなのである。

もしヤギとかにわとりを飼うことになったら、彼らのこともどこかで紹介すると思うので、楽しみにしておいてくれ。

 

 

 

広告
最新情報をチェックしよう!