安いけど見栄を張れる!PLATINUM万年筆の低価格万年筆『プレジール』【レビュー】

1000円くらいの安い万年筆は、安くて使いやすいのだが、仕事ではちょっと使えない。

カクノやハイエースネオは実際めちゃくちゃ書きやすくて、明らかにお値段以上なのだけど、仕事で使いたいとなると使いにくいデザインでもあった。

そんな低価格帯万年筆に、仕事でも使える万年筆が存在する。

それが、PLATINUM万年筆から発売している「プレジール」だ。

かれこれ3年以上使っているが、1000円とは思えぬクオリティには舌を巻く。

  • 1000円で買えて実用的な万年筆を知りたい!
  • プレジールの使い心地って実際どうなの?
  • 仕事でガシガシ使える万年筆ってどんなのがある?

そんな疑問を持っている人の参考になるだろう。

結論を言えば、1000円で万年筆を使いたいならプレジール一択だ。

あさきです。TwitterYoutubeカクヨムで連載もやってます。お問い合わせはこちら。

PLATINUM万年筆の『プレジール』は1,000円とは思えないハイクオリティな万年筆

プレジールは、文房具を取り扱っているお店なら結構な確率で見かける万年筆だ。

うちの地域のカインズにも陳列されているくらい市場に出回っている。

PILOTのカクノ然り、国産万年筆は低価格帯でも一切の妥協をしていないのはいつものこと。

プレジールも例に漏れず、「お前マジで1,000円なの?」と感じずにはいられないクオリティだ。

PLATINUM万年筆らしい少しインクを絞った書き心地に加え、水性インクと顔料インクの両方を使える万能さも兼ね備えている。

ペン先のデザインは好みが分かれるだろうが、それ以外には関しては全て万年筆であることを妥協していない。

そのため字を書いていると「あ、今万年筆を使ってる」という満足感を得られてしまう。

それだけの感覚をたった1,000円で得られるのだから、金額設定がバグっているとしか思えない。

PLATINUM万年筆『プレジール』レビュー

プラチナ万年筆から出ているプレジール。

ちょっとテカテカしてるのがおわかりいただけるだろうか?

なんだか車のアルファードみたい。

テカテカしているのは当然で、ボディの素材は金属。

そのおかげで、1000円には全く見えない。

冬に使うと冷たさで目も冷めるから更にお得。

使い心地は鉄ペン

プレジールの使い心地としては、鉄ペンらしい書き心地。

他の鉄ペンと同じく、ガシガシ書いていけるのは良いところ。

仕事でも気にせず使っていけるので、利便性は高め。

キャップも取り回し良し

プレジールのキャップは嵌合式(ボールペンのキャップみたいなもの)で、素早く書きたい時には非常に便利。

キャップをいちいち回して開けるタイプだとすぐに書きたい時に不便なので、ここも使いやすさを考えられている。

装着時には大きめの音で「カチッ」となるので、キャップの閉め忘れの恐れも少ない。

細部まで使う人のことを考えてくれている万年筆だ。

インクはカートリッジがお勧め

インクはカートリッジに対応。公式でプレジールはコンバーターに対応していないと明言しているので、使ったりしないように。

いろんなブログを見ているとコンバーターを使っている人がいるが、推奨していないことをやっているチャレンジャーなので注意するべし。

間違えて使うと壊れるとかどこかで聞いた。

ただ、壊れても1000円だから財布はほとんど痛まない。

インクの乾燥に関しては全く問題なしだ。

むしろPLATINUMだからこそのスリップシール(インクが乾きにくいPLATINUM万年筆独自の構造のこと)を採用しているので、まぁ乾かない乾かない。

僕が良く使っているのは、プレジールにカーボンブラックのカートリッジ。

耐水性・耐光性のある顔料インクで普段使いしている。

特に封筒や手紙に書く際は重宝する。水に濡れても安心だしね。

困ったときにあると便利なインクなので、ひとつストックしておくと便利だ。

色のバリエーションがめちゃくちゃ多い

万年筆は大体カラーバリエーションが無く、仏壇みたいな黒と金の色ばかりだ。

しかしプレジールはそうじゃない。

  • ブラックミスト
  • ティールグリーン
  • ブラック
  • ピンク
  • ノバオレンジ
  • バイオレット
  • グリーン
  • バリシトラス
  • ブルー
  • イエロー
  • レッド
  • アイスホワイト
  • フロスティブルー

その色は何と13色! 

自分の気に入った色を選べるのは、単純に凄く楽しい。

ここまでカラーバリエーションがあるのはプレジールだけだ。

気になるポイント①「音」

一方の気になるポイントとしては、キャップ取り外し時の音のうるささがある。

嵌合式のキャップなのだが、外すときに結構な音が鳴る。

他社製品になるが、PILOTの「コクーン」とかを使っていると、毎回カチッと鳴るその音が結構大きいのだ。

おそらくしっかりとハマっているから起こる現象だと思われるが、それ故にキャップを外す時に少し力が必要なのも好みが分かれるところだろう。

万年筆は常時ペン先を出しているとすぐに乾く。

だから、書く時にペン先を出すのだけど、会議とかでメモを取りたい時には音が頻繁に鳴るので、気になる人はかなり気になる。

ボールペンとかでも毎回ノックしている人がいたら「ずっと出してろよ」と思うだろうけど、それと同じだ。

気になるポイント②「冷たい」

金属のボディなため仕方ないのだが、冬場に持つとめちゃくちゃ冷たい

暖かい部屋なら問題ないだろうが、外で使うとキンキンに冷えている場合がある。

なので僕はいつも冬はしばらく休憩してもらっている。

だって冷たいのを持ちたくないし。

まとめ:初心者にオススメの万年筆。最初に使いたい万年筆を選ぶなら、プレジールでOK

総じて言えば、あくまでも初心者向けとしてなら選択肢としてアリだが、それ以外ではあまり手を出さなくてもいい万年筆、というのが個人的な印象だ。

悪くはないのだが、特筆して使う理由はあまり無いかもしれない。

またキャップを外す際の音の大きさは致命的だ。

しかし万年筆を初めて買うって人にはガチでオススメなので、PLATINUM万年筆のプレジールを一度手に取ってみるといいだろう。

職場で使っても恥ずかしくないため、万能に活躍してくれる未来を約束する。

 

広告
最新情報をチェックしよう!