これだけやれば変わる!Kindleを最大限活用する方法

皆さん、Kindle使ってますか?

僕は使っている。もう5年ほど使い倒している。そろそろ電池持ちが危うくなってきたけど、それでも使っている。

出かける時にはいつもKindle。これが日常になって随分と経つ。

KindleはAmazonで定期的にセールも開催されているし、先日行われたプライムデーで購入された方も多いんじゃなかろうか。

しかしKindleは、上手く活用しないと文鎮として眠ってしまうことになる。僕も上手く活用するまではそうだった。

そこで今回は、

・買ってみたけど、どう使っていいのかわからない
・Kindleの上手な使い方ってある?
・スマホとかのアプリと何が違うの?

という疑問に答えていこうと思う。初めてKindleを買った人、Kindleを買ったはいいけど眠っている人には参考になると思う。

あさきです。TwitterYouTubeカクヨムで連載もしています。お問い合わせはこちら。

Kindleの使い方

ではさっそく、Kindleの上手い使い方を解説していきたいと思う。

Kindle単体だけでは上手く活用できない

Kindleの端末は何種類かある。ノーマルの「Kindle」、バックライトのある「Kindle Paperwhite」、最上級グレードの「Kindle Oasis」に加え、子供用のキッズモデルも出ている。

どのKindle端末にも共通しているのが、画面が「e-ink」になっているので、スマホなどと比べて目に優しく、長時間読書しても疲れにくいという特徴を持つ。

まさしく読書のための端末なのだが、e-inkを採用しているために、ページをめくった時がもっさりしている欠点がある。スマホを使っているとサクサク画面を移動できるので、それに慣れているとどうしても遅く感じるだろう。

Kindleでは大事な場所にマーカーを引いたりできるのだが、Kindle端末で行おうとすると、反応が鈍いのもあってマーカーを引く箇所を誤爆する場合が結構ある。何度も失敗するとかなりイライラする。

スマホのKindleアプリを導入するべし

スマホやタブレットでもKindleはアプリとして配信されている。

Kindle端末を買った人は、スマホやタブレットを持っているのなら、そちらにもインストールをすることをオススメする。

Kindleアプリはアカウントが同じなら、読書履歴を共有してくれるので、どこまで読んだっけ? ということにもならない。Kindle端末だけで活用するのは、動きのもっさり感もあって非常にストレスだから、場面に合わせて適切な端末を使用することが、最初のステップになる。

なお、個人的な経験から、

  • 勉強用(タブレット)
  • 持ち運び用(スマホ)
  • 睡眠前の読書(Kindle端末)

のように使い分けることをオススメする。

タブレットはiPadがオススメ。Apple Pencilもあれば最高だ。勉強の効率化が一段階は上がる。画面もスルスル動くので、重要な箇所にマーカーを引いて、読み終わった後にアウトプットしたりする際にも非常に便利だ。活用しない手は無い。

通勤やお昼休みにはスマホを活用すると良い。誰もが常に持っているデバイスだから、さっと出して読書ができるのは大きな強みになる。

睡眠前の読書には、目に優しいKindle端末を。寝る前にスマホやタブレットを長時間見ていると、ブルーライトで眠れなくなる。ブルーライトを発しないKindle端末の画面なら、眠くなったらすぐに眠ることができる。

せっかくKindle端末を買ったんだから……とKindle端末だけを使おうとするのは、大きな間違いだ。便利な電子書籍を買って、Kindle端末だけを使う不便さを享受する必要は全く無い。

手元に便利な道具があるのなら、最大限に活用していこう。仕事と同じく、共有することが効率化への第一歩だ。

スクリーンショットを活用すると更に便利

Kindle端末にはできなくて、Kindleアプリでできる最も良い機能が、スクリーンショットだ。

読んでいた本の大事な部分をスクリーンショットで保存すれば、それだけで自分だけの読書ノートができる。ついでに表紙もスクリーンショットしてひとつのファイルに収めておけば完成だ。

容量的に全ての本を端末に入れておくのが難しい場合も、この方法ならいつでも復習が可能だし、スマホに入れれば、どんな時間でも大事なことを振り返れる。

スクリーンショットを活用するかしないかで、Kindleを使った学習方法は全く変わってくるので、是非活用していただけたらと思う。

上手な買い方はこれだ!

Amazonでは、電子書籍のセールを定期的に行っている

日替わり、月替わりでも大幅に安くなっていたりするので、小まめにチェックしよう。

また、人気のコミックなども発売日になった瞬間に買える。通常なら本屋さんに並ぶのは発売日に開店してからになるが、電子書籍は違う。発売日になった瞬間に売り場に並ぶ。しかも売り切れる心配も無い。

どうしても紙で集めたい! というのなら話は別だが、こだわりがないのなら、電子書籍で買う方が遙かに良いだろう。

特にコミックは電子書籍で一番強いジャンルなので、その快適さを実感して欲しい。家にあるジャンプ作品が全てひとつの端末に収まると考えたら、凄まじい魅力だ。

また、過去に買ったものはしっかり記録されているから、買ったのを忘れて同じ物を購入する「読書好きあるある」も回避できるし、間違えてポチった場合も返品が可能だ。

Kindle端末を買ったら、まずAmazonのページでセールをチェック!

これを頭に叩き込もう。思わぬ良作がセールの対象になっている時がある。

まとめ:Kindle端末だけで電子書籍を読むべからず

Kindle端末を買うと、どうしてもその端末を中心に使いたくなる。

しかし、Kindle端末だけでは使っていてストレスがかかるし、その機能を最大限使うことは難しい。

Kindle端末には補助的な役割に徹していただき、メインで使うのはアプリが一番効率的だ。

・Kindle端末だけで使うべからず。スマホやタブレットのKindleアプリも併用すると更に便利になる。
・スマホのアプリの方がサクサク動くが、目に悪い。寝る前はKindle端末一択。
・日替わりや月替わりセールを見逃さずチェック。安くなるタイミングを見逃すな。

以上が、Kindleを上手く使う上で守ってもらうと、劇的に生産性が向上する方法だ。

ちなみにこの方法、いろんなインフルエンサーの方達も実践しているようなので、僕だけがやっているという訳でもない。たぶん、上手く使おうと思うと、みんなここに至るのだろう。

Kindle端末を買ったけど眠ってしまっている方。

初めてKindle端末を買ったけど、どう使っていいのかわからない方。

それぞれに役立てれば幸いである。

また、Amazonで買えるデバイスとしてはこちらもオススメ。

便利グッズ

AIスピーカーに憧れていた。 「Alexa(アレクサ)」とか「OK Google(オッケーグーグル」とか「Siri(シリ)」とか言って、再生してみたい! 理由は特にない。何となくカッコいいから[…]

 

 

 

 

 

 

 

広告
最新情報をチェックしよう!