ちょっと待った! ピュアモルトのボールペンを買わない方が良い3つの理由【レビュー】

木軸のボディが大好きだ。

使っている内に変化していく経年変化や、温かみのある手触りなんかは木軸にしかない魅力だ。

しかし、木軸のボールペンはかなりの数が出てきている。野原工芸のボールペンなんて、その最たるものだろう。

木軸のボールペンは加工に手間がかかるから、総じて値段が高い。

そこで今回は、ピュアモルトを一年以上使ってみた僕が感じた使い心地やらを忖度無く解説したい。

・安くて手に入る木軸ボールペンはあるの?
・ピュアモルトって使いやすいボールペンなの?

って疑問を持っている人には参考になると思う。

あさきです。Twitter、YouTube、カクヨムで連載もしています。お問い合わせはこちら。

ピュアモルト(油性ボールペン)

ピュアモルトは、三菱が販売している木軸ボールペンのシリーズだ。

シリーズは何種類か展開されており、中でも最上位であるピュアモルトは非常に素晴らしいボールペンとなっている。

最高級クラスのボールペン:ピュアモルト(オークウッド・プレミアム・エディション)加圧ボールペンリフィル搭載

関連記事

木軸。 それは持ち手に優しい魔法の言葉。 シャーペンでもボールペンでも、木軸は人気だ。 どうせ使うなら、ラバーやプラスチックより木の素材を選びたい。 そんな風に考える人も多いだろう。 木軸のボールペンは[…]

今回はピュアモルトシリーズの一番ノーマルなタイプになる。

安い

木軸ってだけで、結構お金がかかる。100円とかそこらの筆記具で、木軸なのは最初から木で出来ている鉛筆くらいなものだ。

シャーペンもボールペンも、三桁台では見たことがない。

ピュアモルトは税込みで1,100円なので、お財布に優しい金額となっている。

この価格帯で全身木軸のボールペンが手に入るのだから、めちゃくちゃお得である。

木軸ってどんな感覚なんだろう? って人が初めに買うには良いボールペンと言える。

インクは下の中

ピュアモルトのインクは、普通の油性インクだ。みんな大好き低粘度インクではないので、書いているとめちゃくちゃ重たい。低粘度インクの違いを知れるので、使ってみると良いことはある。

使っているとインクを変えたくて仕方がないのだが、変えられるリフィルが普通の油性インクしかない。

ジェットストリーム? 使えませんよ^^

と言わんばかりに、リフィルのサイズが合わない。

リフィルの先端に出っ張りがあれば使えるので、ジェットストリームのリフィルの先端にセロテープやらを巻き付ければ何とかなるが、じじ臭い上に面倒なのでオススメはしない。なんでボールペンのリフィルにこんな手間をかけなきゃならんのだと心から思ってしまう。

ピュアモルトの単色でジェットストリームのインクを使うのは、無理だと思っておくのが良いだろう。

そのせいもあってか、グリップだけを木軸にしたジェットストリームの多機能ペンが用意されている。それなら木軸だけのジェットストリームとか販売してくれませんかね? と正直思う。

軸の太さが2種類ある

ピュアモルトの軸は、2種類用意されている。

例えばだが、僕が持っているのは太めの軸だ。太めの軸が好きな人には良いが、細い軸が好きな人だとどうしても太く感じてしまう。

ちなみに僕は細めが好きなので、Amazonでポチって自宅で受け取った後、軸を見て後悔した。

お店で買うなら見ればわかるが、ネット通販だと気をつけた方が良い。

軸の太さはかなり大事で、使い心地にかなり影響する。

ラーメンで言えば、細麺と太麺のどっちが好きかくらいの差だ。大きい差なのがわかってくれると思う。

ノック部分がかなり痛い

ピュアモルトのノック部分は、長く飛び出ている。

先端が平たい訳ではなく、丸みを帯びているのに加え、ノックした時の反発がかなり大きい。

通常、ノックは親指の腹で押すと思うが、ノック時の反発で地味に痛いのだ。痛くない箇所を探してノックするとか実にアホらしい。普通にノックさせてくれ頼む。

まとめ:値段相応の木軸ボールペン

ピュアモルトは、どこまで言っても値段相応のスペックを持った木軸ボールペンだ。店頭で見かけて買うなら、必ず試筆してから買った方が、普段使いのストレスが軽減するだろう。

・1,100円で買える安価なボールペンだが、値段相応
・使いやすさは可も無く不可も無い

というのが、実際使ってみての感想だ。

はっきり言って、あまりオススメはしない。

しかし木軸というだけで使っていてテンションが上がるのは事実。木軸に興味あるんだけど……って人は、是非一度店頭で触ってみてくれ。

経年変化の色合いを楽しみたいなら、色の変化がハッキリとわかるダークブラウンをオススメする。

 

 

 

 

 

 

広告
最新情報をチェックしよう!