ボトルとカートリッジ。万年筆のインクはこれを使え!【セーラー編】

万年筆において、ボトルインクとカートリッジインクのどちらが良いかは、永遠の悩みだと思う。

  • ボトルインクは風情があるけど、初期費用が高い。
  • カートリッジインクは手間がかからないけど、一本一本が高い。

というのが、世間一般の認識だ。

ぶっちゃけそれで間違ってないのだけど、今回はセーラー万年筆が好きで好きで仕方ない僕が、ボトルインクとカートリッジインクの両方を使ってどっちの方が良かったかを、場面場面で解説していきたいと思う。

・万年筆を買ったけど、ボトルインクとカートリッジインクのどっちを使えばいいかわからない。
・仕事で万年筆を使いたいけど、ボトルインクって持っていっていいのかな?
・顔料インクってどうなん?

な人の解決になるだろう。

なお、PILOTのインクは以下で解説している。

関連記事

万年筆において、ボトルインクとカートリッジインクのどちらが良いかは、永遠の悩みだと思う。 ボトルインクは風情があるけど、初期費用が高い。 カートリッジインクは手間がかからないけど、一本一本が高い。 […]

あさきです。Twitter、YouTube、カクヨムで連載もしています。お問い合わせはこちら。

ボトルインクとカートリッジインク

ボトルインク

ボトルインクは、その名の通り「ボトルに入っているインク」だ。つまり、万年筆にインクを補充するにはコンバーターが必要になる。ひとつのコンバーターをいろんな色で使い回すことは想定されていないから、畢竟、ひとつのインクにひとつのコンバーターがセットになる。

たくさん万年筆を持っていて、かついろんな色を使いたい場合はコンバーターで溢れかえることになる。

ただ、水性インクに限ってはしっかり色を落とせるのなら使い回してもOKだ。顔料インクは必ずわけること。詰まる。

ボトルインクの特性は、その圧倒的なコスパの良さだ。

入っているインクの量が多いから、インクの単価が安くなる。カートリッジインクと同じ分量で金額を計算すると、ボトルインクの方が安い。

概算になるが、カートリッジインクが大体0.6~0.8CCの容量なので、1CC辺りの単価となると、カートリッジインクはボトルインクより2.3倍ほど高くなる

ただこれはインクだけの費用なので、これにコンバーター代を含めればあんまり変わらなくなる。

注意点として、保管場所には注意した方が良い。暗所で暑くならない場所がオススメだ。

仕事では使いにくい

実は一度、職場でボトルインクから補充していたことがあった。最初は目を引くからみんなから声をかけられていたのだけど、やっている内に面倒くさくなった。

インクが無くなりそうだなーと思う時に先んじて補充できるのは良いのだけど、それ以外のメリットが特に無かった。見た目が良いくらいしかない。インテリアにもなるのよ、ボトルインクって。

ただ、インク補充を終えた際にペン先を拭かないといけないし、零れたら掃除をしなくちゃいけないしで、不便さが際立った。

かつて使っていた人間として忠告するが、職場でボトルインクは使わない方が良い

カートリッジインク

カートリッジインクは、使いやすさが突き抜けている。インクが出なくなったら、新しいカートリッジインクに差し替えれば良い。ボールペンのリフィルを変えるのと同じ要領でできる。楽ちんだ。

反面、カートリッジインクに入っているインク量は少ない。ウォーターマンなんか2種類の長さがあるのだけど、短い方は一瞬で無くなる。そのくせして高い。なめてる。

カートリッジインクが高いのは、カートリッジ部分があるからに他ならない。このプラスチック分、金額が上乗せされているのに加え、細々とした費用も入っての金額。便利なものが高いのは、いつの世も真理だ。

ちなみにセーラーのカートリッジインクでしか見たことがないのだが、カートリッジ部分に「ナノインク」と表示されている。

写真のカートリッジインクは「青墨」なのだが「極黒」でも同じ刻印があったので、ナノインク――顔料インク共通なのだろう。ありがたい。セーラー大好き。

また最近になって、セーラーは「四季織」のカートリッジインクも出してくれた。

様々な色を楽しめる「四季織」がカートリッジインクから楽しめるのは、地味に嬉しい。小さいボトルインクでもちょっと多いなぁって人にはお勧めだ。

職場で使うならカートリッジ

今は、職場でも万年筆は全てカートリッジインクで統一している。理由は簡単で、手を汚さずインクの交換ができるから。

たったそれだけと思うかも知れないが、それだけのメリットがめちゃくちゃでかい。

インクを優雅に万年筆へ補充するなんて行為は、時間に余裕があって落ち着ける空間でやればいい。職場を至福の空間にしてはいけない。

しかしカートリッジインクは一本に入っているインクの量が少ないので、普段使いしていると結構なスピードでインクが無くなる。

もし職場でカートリッジインクを使いたいのなら、スペアは必ず確認しておいた方が良い

使うなら顔料インク

セーラーから発売している顔料インクは、めちゃくちゃ良い。

何しろ、水性インクにあった弱点がほぼ改善されているからだ。

  • 耐水性がある
  • 耐光性がある
  • 色がはっきり出る

ゲルインクがお前は、と思うほどの性能だ。

原理は簡単で、プリンターとかに使用される顔料をナノサイズにしてインクの中に入れている。

だから、発色が良いし、水にも流れない。光に関しても水性インクより遙かに強い。

重要な書類に記入するには、顔料インクが一番良いだろう。逆に水性インクは使っちゃいけない。水性インク=フリクションと思ってくれ。

ちなみに、セーラーの顔料インクでお勧め順は、「極黒」>「蒼墨」>「青墨」だ。青色じゃねぇか、と文句を言われない順番となると、誰に聞いてもこの順番になると思う。

しかし一方で、顔料インクは色のバリエーションがまだまだ少ない。

インクをもっと楽しみたい人は、水性インクをお勧めする。

注意点として、

顔料インクは6ヶ月に一度洗浄をする

を意識した方が良い。ナノサイズとはいえ、顔料が詰まってしまう可能性があるので、長く使いたいのであれば手入れを怠らないで欲しい。

長く使う道具であるからこそ、愛情を注いであげて欲しい。

まとめ:職場で使うならカートリッジインク

5年ほど職場で万年筆を使ってきて、ベストと思えたのはカートリッジインクだった。

僕の仕事柄、顔料インクの方が都合が良かった(長期保存文書に記載していた)から顔料インクを使っているが、そうでもないなら水性インクでも良いと思う。

水性インクは色のグラデーションが美しいし、見ていてうっとりするのは水性インクの美点だろうから。

結論を言えば、

・職場で使うならカートリッジインクがお勧め
・ボトルインクが珍しがられるのは一度だけ
・顔料インクは半年に一度洗浄をすればOK

 

となる。

少しでも皆さんの万年筆ライフの参考になれば幸いだ。

 

 

広告
最新情報をチェックしよう!