ボトルとカートリッジ。万年筆のインクはこれを使え【PILOT編】

万年筆において、ボトルインクとカートリッジインクのどちらが良いかは、永遠の悩みだと思う。

  • ボトルインクは風情があるけど、初期費用が高い。
  • カートリッジインクは手間がかからないけど、一本一本が高い。

というのが、世間一般の認識だ。

ぶっちゃけそれで間違ってないのだけど、今回はPILOTの万年筆も大好きな僕が、ボトルインクとカートリッジインクの両方を使ってどっちの方が良かったかを、場面場面で解説していきたいと思う。

・万年筆を初めて買ったけど、ボトルインクとカートリッジインクのどっちを使えばいいんだろう?
・仕事で万年筆を使いたいけど、ボトルインクって使えるのかな?
・やっぱり水とか光に弱いの?

な疑問を持っている人の参考になるだろう。ちなみにPILOTは公式でインクを「インキ」としているが、ややこしくなってしまうので今回は「インク」で統一している。ご了承願いたい。

なお、セーラーのインクについては下記で解説している。

関連記事

万年筆において、ボトルインクとカートリッジインクのどちらが良いかは、永遠の悩みだと思う。 ボトルインクは風情があるけど、初期費用が高い。 カートリッジインクは手間がかからないけど、一本一本が高い。 […]

あさきです。Twitter、YouTube、カクヨムで連載もしています。お問い合わせはこちら。

ボトルインクとカートリッジインク

ボトルインク

ボトルインクは、その名の通り「ボトルに入っているインク」だ。カートリッジインクと比べてインクの量が多く入っているのが特徴だ。多く入っているから、容量あたりの金額は安くなる。

概算になるが、カートリッジインクが大体0.6~0.8CCの容量なので、1CCあたりの単価で換算すると、カートリッジインクはボトルインクの2.3倍の金額になる。容量が多いというのは、それだけで正義だ。

一方で、ボトルにインクが入っているので、万年筆にインクを補充しようと思うと「コンバーター」と呼ばれる専用のアイテムが必要になる。

コンバーターを使ってインクを補充するのは正直楽しいのだけど、正直手間がかかる。万年筆本来の楽しみを味わおうとするならボトルインクになるだろうが、実用性を重視したいのならボトルインクは止めた方が良い。

また、PILOTの特徴として、「iroshizuku-色彩雫(いろしずく)シリーズ」が上げられる。多種多様な色が取り揃えられていて、自分好みのインクを探すのがとても楽しい。

かく言う僕も、「iroshizuku-色彩雫(いろしずく)シリーズ」の「深海」を愛用している。灰色がかった青色が心を落ち着かせてくれる良い色だ。

カートリッジインク

カートリッジインクは、使い勝手にステータスを全振りしたインクの補充形式だ。カートリッジと呼ばれる銃の弾丸のような形をしたインクを万年筆に刺すだけでインクが補充できる。

すぐにインクを補充したい時に便利で、主な活躍の場所としてはビジネスの場が上げられるだろう。

特にPILOTはノック式万年筆として有名なキャップレスを販売しており、その相性は抜群だ。ノック式で手軽に書けるキャップレスにカートリッジインクが組み合わさった時、使い勝手はボールペンと同じになる。

唯一の欠点としては、色雫シリーズのような豊富な色のラインアップが無いこと。

黒、赤、ブルーブラック、ブルーの4色しかないので、実務的だ。正直、ここに「iroshizuku-色彩雫(いろしずく)シリーズ」を入れて欲しいんだけど、どうにかなりませんかね、PILOTさん。

PILOTのカートリッジインクは、仕事でバリバリ万年筆を使いたい人。もしくはインクにこだわりの無い人にお勧めだ。

ちまみにPILOTの黒インクは日本人好みの黒なので、誰にでもお勧めできる色だったりもする。

iroshizuku-色彩雫(いろしずく)シリーズ

PILOTのインクを語る上で、「色彩雫シリーズ」は避けて通れない道だ。

色彩雫というネーミングがもう雅で大好きなのだけど、そのコンセプトも

日本には、美しい自然や景色が多く存在し、またそれ等にはとても美しい名があります。iroshizuku-色彩雫(いろしずく)シリーズは、その美しい情景から創造された彩り豊かな陰気です。さらなる書く喜びを楽しみをあなたに。

PILOT https://www.pilot.co.jp/products/pen/fountain/ink/iroshizuku/

という素敵なものだ。

実際に使ってみると、確かにそれぞれをイメージした色になっていて、紙の上にインクを走らせるのがめちゃくちゃ楽しくなる。

万年筆ではなく「インクを楽しむ」ということを教えてくれる画期的なインキだ。

ボトルでの販売になっているのが、僕が持っている大きなボトルもあれば、小さいボトルも用意されている。小さいボトルは3種類の詰め合わせセットみたいなのもあるので、万年筆好きに贈っても喜ばれるだろう。

カクノのような低価格帯万年筆でもどっちも使える

これは地味にありがたくて、カクノのように1,000円で変える万年筆でも、コンバーターさえつければボトルインクが楽しめる。

PILOTも自身のインクを楽しんで欲しいんだろうなとわかる。

万年筆を初めて買って、カートリッジインクしか使えないってなるとちょっと寂しいというのもあるし、ある程度万年筆を使っていると、ボトルインクがどうしても気になってくる。

そうした時にコンバーターを買うだけでボトルインクが使えるというのは、ユーザーとして非常に嬉しい。

例えPILOTがインクで儲けようとしているんじゃないかと勘ぐったりしても、それはそれ。インクは万年筆の魅力のひとつなのだから、機会を作ってくれるのは本当に嬉しいところだ。

格安万年筆では最高クラスのコクーンについては以下をご参照いただきたい。

関連記事

万年筆をプレゼントしたいんだけど、「お手頃な金額」で「使いやすくて」「見栄えの良い」万年筆ってないの? 初めて万年筆を買うんだけど、何を買えばいいんだろう? そう考える人、多いんじゃなかろうか。 […]

水性しかないのが痛い顔料インクが発売された

PILOTのインクとして気をつけたいのが、水性インクしか無いことだ

※2022年に待望の顔料インクが発売された(黒・ブルーブラック・ブルーの3色)。

しかしほんとどのPILOTのインクは水と光に弱い。何故か異様に水に強いノーマルの青色を除けば、漏れなく水に濡れたら溶ける。

手入れがしやすいという利点はあるものの、水や光に弱いと書類の長期保存には向かないし、契約書などでも使えない

仕事で使うというのは、個人的にあまりオススメしない。

僕自身、PILOTの万年筆とそのインクは仕事で一時期使用していたが、長期保存する書類では使えないので、メモとかでしか使えなくなっていった。

結果、PILOTのインクは「iroshizuku-色彩雫(いろしずく)シリーズ」もあって、家で楽しむには最高という結論に落ち着いた。

何より、仕事で使える色って基本的に黒か、良くてブルーブラックになるから、インクを楽しむも何も無いのだ。

実用性を重視するなら、PILOTのインクはその限りではない。

どうしても実用性を重視するのなら、顔料インクを買うようにしよう

まとめ:職場で使うならカートリッジインク

PILOTのインクは、水性インクで構成されている。その中でも何故か耐水性に優れた「ブルー」はオススメだが、かなり青味が強いので、人によっては気になる人が多い色だ。

そのため、無難に黒やブルーブラックに落ち着いていくことになる。PILOTのインクは発色がとても明るいので、赤も良いだろう。目に飛び込んでくるので、重要なところがすぐにわかる。

「iroshizuku-色彩雫(いろしずく)シリーズ」も色が多彩で実に楽しいのだが、職場で使うとしたら少し手間だ。家で純粋に万年筆を楽しむ場合においては最高のオトモになってくれるが、実用面ではボトルインクであることがネックになってくる。

セーラーやプラチナのように顔料インクもないので、PILOTのインクは長期保存に向かないという致命的な欠点が存在する。(そもそも5年や10年前の資料をどれだけ振り返るのだというのはともかくとして)

また、役所などに書類を提出する際も、何かあった時にインクが水で流れましたとならないため耐水性に優れた油性ボールペンなどを使う方が無難だから、家で自分が楽しむために使うのがベターな選択肢になる。

・インクを楽しみたいならボトルインクの「iroshizuku(色彩雫)シリーズ」を買うべし
・仕事ではあまり使えないので、使うならカートリッジでOK
・ブルー以外は水や光相手にクソザコ。秒で敗北する。

以上が万年筆ユーザーとしての意見だ。皆さんの万年筆ライフの参考になれば幸いである。

 

 

 

広告
最新情報をチェックしよう!