【ユニボール シグノ RT1】書きやすくデザインもGOODなゲルインクボールペン【レビュー】

ユニボール シグノというボールペンがある。ボールペン売り場に行ったらまず間違いなく陳列されているので、見たことのある人は結構いると思う。

僕はこのユニボール シグノのノック式である「ユニボール シグノ RT1」が大好きだ。大好きだから常にストックがあるし、店で見かけたらつい買ってしまう。

なんたって「ユニボール シグノ RT1」は、

・書きやすくて滑らかな書き味
・シンプルで目を引くデザイン
・とにかく軽い
・ゲルインクだから耐水性・耐光性に優れている
・字幅の種類が多い
・100均でも買える

なのだ。これを人に紹介せずしてどうするのか。

と言うわけで、今回は「ユニボール シグノ RT1」をレビューしていこうと思う。余談だが、僕は「シグノック」と読んでいる。「ユニボール シグノ RT1」のノック式だからシグノックである。

あさきです。Twitter、YouTube、カクヨムで連載もしています。お問い合わせはこちら。

ユニボール シグノ RT1のレビュー

滑らかな書き味

ユニボール シグノ RT1はゲルインクを採用している。ゲルインクとは、油性インクと水性インクのいいとこ取りをしたインクで非常に使い勝手が良いのだが、反面インク消費が激しいという欠点がある。

  ゲルインクボールペン 油性ボールペン 水性ボールペン
インク特性 水性 油性 水性
インク素材 顔料、水、添加剤 染料(一部顔料)、アルコール系溶剤、
樹脂、添加剤
顔料(一部染料)、
水、添加剤
粘度 低~中
書き味 なめらか やや重い なめらか
書き出し かすれない ややかすれる かすれない
ボテ(インクだまり) なし あり なし
にじみ なし なし あり
耐水性 良好 良好 染料:劣る
顔料・良好
三菱鉛筆株式会社より

上の表は三菱鉛筆株式会社に掲載されている各インクの違いである。比較してみると、ゲルインクボールペンの利点が良くわかると思う。

表にもあるように、書き味は非常になめらからで、ラインナップの内では0.5mmはすらすらと書ける。インクの出も良いから、万年筆のようにヌラヌラな書き心地に近い。

細字でもしっかりと書ける

ユニボール シグノ RT1の字幅は三種類ある。

  • 0.5mm:メモやアイデアの書き出しに
  • 0.38mm:普段使いに
  • 0.28mm:手帳などの細かい場所に

いずれの字幅も使いやすく、用途別に買うといいだろう。個人的には0.38mmが1番お勧めだ。

シンプルで目を引くデザイン

ユニボール シグノ RT1の1番のポイントはここだと思う。ともすればブレンに近いのだが、頭から先端までのラインは見ていて飽きない。

ペン先までグリップがあるから、先端近くを持つ人への配慮も欠かしていない。

上がユニボール シグノ RT1とブレン(3C)となる。結構似ているのはおわかりいただけるのではいだろうか。

元々ユニボール シグノ RT1のヘヴィーユーザーだったので、初めてブレンを見た時は驚いた記憶がある。

ユニボール シグノ RT1のここがダメ

ノック部分が固定されない

ユニボール シグノ RT1の唯一の欠点がここなのだが、ノック部分がホールドされない。そのため、ノックして書いているとノック部分が動いてカタカタと鳴る。そんなに激しく動かさない限り音は鳴らないのだが、できればホールドしておいて欲しかった。

細くなるほどインクの減りが早い

ゲルインク特有の欠点なので、ユニボール シグノ RT1からすればただの仕様になってしまうのだが、インクの消費がめちゃくちゃ早い。そして、一般的にインクはペン先が細くなるほど搭載されている量が少なくなるので、必然的に減るのが早くなる。0.28mmとかインクがすぐに無くなってしまう。

そのため、ランニングコストは意外とかかる。

まとめ:ユニボール シグノ RT1は、安くて書きやすくてデザインも良い、最高のゲルインクボールペン!

ユニボール シグノ RT1は、100均でも買えるくらい安いボールペンなのに、素晴らしいボールペンだ。欠点もあるものの、それが気になる程でもない。

普段使いするにはお勧めのボールペンだ。

軽さ 4.5
なめらかさ 4.0
バランス 4.0
デザイン 4.5
使いやすさ 4.3

いろんなボールペンを買っているが、いつも結局戻るのはユニボール シグノ RT1だ。それくらい安定していて裏切らないお気に入りのペンなのである。

 

広告
最新情報をチェックしよう!