まだ使ってないの?ゼブラの傑作ボールペン『ブレン』【レビュー】

書きやすいからという理由で脳死でジェットストリームを使ってはいないだろうか?

仕事をしていると、至るところでジェットストリームを見る。

傑作であるが故に仕方ないのだが、みんなと被るのは何か嫌だ。

そんな「人とは違う」自分を演出したい人にお勧めのボールペン「ブレン」を今回は紹介する。

2018年に発売してからずっと使ってのレビューなので安心してくれ。

  • ブレンって書きやすいの?
  • ジェットストリームと比べて書き味はどう?
  • 本当にブレないの?

そんな疑問を持っている人の参考になれば幸いだ。

結論を先に言えば、ジェットストリーム超えの傑作ボールペンだ。

あさきです。TwitterYouTubeカクヨムで連載もしています。お問い合わせはこちら。

ブレンはストレスを完全排除したボールペン

ブレンは、ゼブラが2018年発売したブレないボールペンだ。

多くの人が筆記時にストレスを感じている点に注目したゼブラが、徹底的にストレスを排除した結果生まれた。

その結果、使っていてストレスをほとんど感じられない設計になっている。

いやいや、書いていてストレスなんて感じてないし

って人は一度ブレンを使ってみたらいい。

普段自分がどれだけストレスを抱えながらボールペンで字を書いていたのかが実感できる。

それくらい、ブレンはストレスを軽減させたボールペンなのだ。

現在、ブレンはシリーズ展開していて、3色ボールペンのブレン3C、シャーペンのついたブレン2+Sも販売されている。

驚くべきことに単色と多色の軸の太さは同じだ。

3色や4色ボールペンは軸が太くて書きにくい! という悩みはブレンには存在しない。

ブレン:レビュー

そんなブレンをさっそくレビューしていこうと思う。

今やどこの文房屋でも売っているので、見たことがある人も多いのではないだろうか。

ブレないペン先でストレスをさようなら

ブレン公式HP https://www.zebra.co.jp/pro/blen/

ブレンの代名詞とでも言えるのが、ブレないペン先だ。

先述したようにペン先のブレが一番筆記時にストレスを感じるとのアンケートの結果から、ブレン独自のペン先は生まれた。

筆記時に感じるストレスは以下の通りなのだが、全て解決してしまっている。

実際に書いてみるとわかるのだが、100円の同価格帯のボールペンと比べてもひとつ抜きん出ている。

というのも、芯をガッチりホールドするため、ペン先が動く隙間が存在していないのだ。

かつボールペン自体の隙間を極限まで無くすことで、パーツが擦れて起きるノイズまで除去している。ノック部分がカタカタ鳴るのも一切無い。

そのため、どれだけ書いていても疲れにくいボールペンとなっている。

やはりストレスは体と心に良くない。

持ちやすい軸

ブレンの軸は非常に持ちやすい。

細軸好きでも太軸好きでもギリギリ及第点な太さとなっている。

太すぎず細すぎずのちょうど中間点もさることながら、ラバーグリップのおかげで指にもフィットする。

ラバーグリップは結構長めなので、先端や後ろの方を持つ人でも対応可能。

更に低重心なのもあって持った時に安定するのも地味に嬉しい。

痒いところに手が届く軸なのだ。

書き味良し

ブレンはエマルジョンインクを採用している。

エマルジョンインクとは、水性インクと油性インクを3対7の割合で混合したインクのことだ。

油性インクの中に水性インクが混ざっているような状態で、油性の手応えと水性のサラサラ感を同時に味わえる。

そのため、滑らかさと濃い筆記の両方が味わえるのだ。

ジェットストリームに使われる低粘度の油性インクがインクをドバドバだして滑らかにしている「力業」なのに対して、エマルジョンインクはその性質から滑らかさを実現している。

そのため、下手をすれば低粘度の油性インクより余程滑らかにペン先が滑ってくれる

事実、僕自身エマルジョンインクの方が遙かに滑らかに筆記できると実感している。

発色はいまいち

発色に関してはいまいちだ。

先述したようにインクの割合は油性がメインなので、赤や青などの色に関してはやや暗い。青に関してはブルーブラックのような色味になる。

発色が良いゲルインクと比べるとやはり暗め。

目立つ箇所を赤色でチェックしたい場合は目立ちにくいので、積極的には使いたくない色味だ。

手帳やノートにハッキリした色で書きたい場合は、ブレンは少し物足りなく感じるだろう。

オススメのペン先は0.7mm

ブレンには二種類のペン先があり、

  • 0.5mm
  • 0.7mm

と日常的に使う太さは揃っている。

コンビニで良く見かけるのは、0.5mmの方だ。

だがちょっと待って欲しい。

ブレンを愛用し続けてはや3年ほど。その中で確信したのだが、0.5mmは罠だ。

先述した滑らかな書き味は全く無い。先端が紙に引っかかるカリカリした感覚しかない。

滑らかに字を書きたいなら0.7mmを選ぶべきだ。むしろそれ以外の選択肢は無い。

文房具売り場で試筆できる場合は、どちらも試した方が良いだろう。

ただ愛用者としては0.7mmをオススメする。

2019年度にグッドデザイン賞、2021年にiFデザインアワードを受賞

ブレンのデザインはシンプルでシームレスだ。

こだわって開発されたデザインは世界的にも評価されていて、2019年にはグッドデザイン賞、2021年には世界的なデザイン賞であるiFデザインアワードを受賞している。

持っていてドヤれるのは間違いないので、デザインが気に入ったのなら自分の感性は捨てたもんじゃないと思ってもOK。

ちょっと自信になる。

クリップはうんこ

ブレンのクリップはうんこだ。

何一つ挟むことができない。

ボールペンだと、すぐに使えるように胸ポケットにさしたりする場合も多いだろう。

しかしブレンの場合、クリップと本体の隙間がガバガバだから全く固定されずにポケットの中に沈む。

後発であるブレン3Cやブレン2+Sでは改善されているのだが、ブレンだけはずっとうんこクリップのままだ。

ブレンは胸ポケットにさして使えない。

心に止めておこう。

ブレンを使っているみんなの意見

実際にブレンを使っている人の意見はどういうものがあるのか調べてみた。

 

好き好きな意見が多かったので、この辺りで。

YouTubeだと、有名な文房具YouTuberも評価している。

このように数々の人がブレンを評価しているので、試しに買ったからといって「無駄遣いした!」とはならないだろう。

まとめ:ブレンはゼブラが送り出す傑作ボールペン

ブレンは2018年末に現れて、数々の文房具マニアやプロの心を鷲づかみにしたボールペンだ。

実際使ってみると、そのクオリティの高さに驚く。

しかもそれが150円で買えてしまうのだ。価格がバグっているとしか思えない。

ジェットストリームの書き味が好きでない人でもブレンなら好き、という人も一定数いる。

0.7mmの書く味は悪魔的なので、店頭で見かけたら是非一度試し書きをしてみて欲しい。

きっと世界が変わるだろう。

  • ジェットストリームの書き味が苦手な人
  • シンプルなデザインが好きな人
  • 人前に出しても恥ずかしくないボールペンを使いたい人

そんな人に、ブレンはオススメだ。

なお、ブレンは100均だと100円で売っているので、ダイソーやSeriaが近くにあるのならそちらで買うとお得だ。

広告
最新情報をチェックしよう!